目的別で3タイプ?

酸洗いで金属は生まれ変わります

酸洗いとは、金属素材を熱処理や溶接、ロウ付けしたときに発生する、スケールや焼け、錆など表面に付いた酸化物を、硫酸や塩酸などの溶液に漬けて表面をきれいにする方法です。 酸洗い後の研磨作業を省くためにも必要な作業で、メッキの前処理には不可欠な作業になります。酸洗いが不十分だとメッキの密着不良を起こします。チタンのバレル研磨をする前には酸洗いをして、表面の酸化被膜を取り除かないと全く光沢が出ません。 鉄鋼、チタン、ステンレスなどの金属の種類によっては、酸の種類や混合比、濃度、温度、時間などの設定基準が全く変わります。この設定を間違えると、素材表面がざらついたり、製品自体が無くなってしまうなどの現象が起こりますので工程管理は重要です。

酸洗処理にもタイプがあります

酸洗処理には、酸洗い、酸浸漬、エッチングの3つの方法があります。
「酸洗い」は、熱処理などで発生したスケールや頑固なさびなどを硫酸や塩酸などに比較的長く浸けて表面をきれいにします。
酸洗い方法の一つにピックリングがあります。この方法は比較的厚い錆や熱処理などで生じるスケールの0.3μmより厚い酸化膜をとる方法です。
「酸浸漬」とは、金属表面を活性化するために、アルカリ脱脂液でできたアルカリ皮膜や、電解洗浄でできた酸化皮膜を除去する方法です。
「エッチング 」 とは、化学薬品などの腐食作用を利用した表面加工のことです。間圧延などの常温加工をする際に、金属の表面に変質層ができます。この変質層を除去する方法を言います。

塗装剥離は使用する薬剤や塗装面の状態によっては汚れが残ってしまうことがあります。綺麗に仕上げるためには薬剤を十分に馴染ませる他、塗装面に生じた凹凸を打ち直して滑らかにする工夫が効果的です。