金属ごとに異なる道具に注意!

金属の表面にできた焼けやさびを除去する酸洗い

酸洗いとはひとことで言うと、金属を酸性の薬剤で洗う金属表面処理法です。酸で処理することで、金属の表面にできた溶接焼けやさびを除去したり、金属を保護する表面被膜を再形成したりできます。方法は、洗浄して汚れやごみを除去した金属を強酸液につけて処理し、十分に水で洗浄して乾燥する、といった作業工程をとります。金属の表面がきれいになり、その後の加工がスムーズになるところがメリットです。金属表面処理法には、バフ研磨、電解研磨、またはショットブラストなどの方法があります。そのなかでも、酸洗いは金属に物理的な刺激を与えないので、表面を傷つけることがなく洗うことができ、ほかの方法に比べてもコストが低いところが魅力といえます。

酸洗いは金属によって洗い方や道具を変える必要がある

酸洗いは、光沢のある金属には適していません。主にステンレス、チタン、アルミニウムなどの金属の下処理に用いられます。金属の種類によって酸洗いの効果の出かたは異なるので、それぞれの金属に合わせて洗い方を変えていきます。もし洗い方が適切でないと、表面が溶けずに効果が発揮できなかったり、逆に金属が溶けすぎてガタガタになってしまったり、と失敗を起こすことがあるので注意が必要です。たとえば、鉄、銅は硫酸または塩酸で洗いますが、ステンレスを洗う場合は硫酸や塩酸に硝酸を調合することが多くなっています。チタンの処理は鉄やステンレスよりも難しく、酸の濃度、温度、処理時間等を微調整しなければ耐食してしまうことがあります。酸洗いはちょっとしたことで仕上がりに差が出るため、それほど容易な仕事ではありません。それだけに、きちんと処理できれば非常に美しく清潔感のある金属に仕上げられるところが魅力ともいえるでしょう。

リン酸処理は鉄製品に皮膜を形成してつやを出すことで重量感を増し、見栄えを良くする効果があります。また、皮膜による撥水効果がサビを防ぐので、鉄製品を長持ちさせることが可能です。