スケールや錆を除去!『酸洗い』

酸洗いのメリットとデメリット

酸洗いとは、金属製品を塩酸や硫酸などの酸性溶液に浸して洗浄することです。溶接で生じた焼けや、熱処理でできたスケールと呼ばれる水垢、錆などの酸性皮膜を除去します。もし、焼けやスケール、錆などを残したままにすると、その後のメッキや研磨などの金属表面加工がうまくいかないので、酸洗いはとても重要な工程です。酸洗いのメリットは、他の工法に比べて価格が安いことと、金属の表面を均一に空気と反応させることが可能なことです。また、物理的な圧力がかからないので金属製品に歪みを起こすことがありません。
デメリットは、製品の表面が曇りがちな仕上がりになるので、光沢を求められる商品には不向きか、その後の仕上げ処理が必要となることです。

酸洗いの基本的な工程

酸洗いの基本的な工程は以下の通りです。
酸性溶液がムラなく行き渡るように金属製品を丁寧に配置します。アルカリ洗剤などで油分や付着物を取り除く脱脂洗浄をし、水洗いをします。
そして、酸洗いを行いますが、製品にムラができないように工夫しながら行う必要があります。空気が残る部分ができないように注意しなければなりません。酸洗い終了後、高圧の水洗浄をおこない、狭い隙間に残る酸性溶液も洗い流していきます。最後にもう一度、水洗いをしてから乾燥します。
金属の種類によって酸性溶液の種類や混合比が決まっているので、洗い時間や酸性溶液の濃度を正しく設定する必要があります。それらが適切でないと、金属の表面がガタガタになったり、製品が溶けてなくなることさえあります。酸洗いはいっけん簡単そうですが、経験を要する職人芸なのです。

酸洗いは、金属の溶接やろう付け等の熱処理で生じた焼けやスケールや酸化皮膜等を、強酸で洗浄・除去しきれいにする作業の事を言います。これにより、研磨等の後処理より安く済ませる事が出来ます。