酸性・アルカリ皮膜を除去!『酸浸漬』

接合加工の中でも、大切な工程の1つ

サビや酸化皮膜の除去をする工程を「酸浸漬」と言います。この工程をきちんと行うことで、金属表面が活性化されて研磨作業がしやすくなったり、見栄えが良くなるのです。素材や金属、加工方法が異なると除去のやり方も変わってきます。例えば接合部分の加工には、酸洗いと呼ばれる工程が推奨されている傾向です。間圧延などの加工部分には、エッチングという除去方法が用いられます。メッキ加工は他の除去方法よりも、酸浸漬が適しています。その理由は、酸浸漬の除去方法がメッキの定着力をアップさせることができるからです。反対に黒皮と呼ばれる厚い酸化膜に酸浸漬は向きません。このように時と場合によっても、酸浸漬の使用を決める必要があるでしょう。

酸浸漬の工程は、いくつかの段階がある

酸浸漬はいくつかの段階を踏みます。まず製品全体にムラがなくなるよう「段取り」を行います。酸を全ての部品に行き渡らせるため、丁寧にセットすることがポイントです。次に「前処理」をし、油汚れを取り除いていきます。金属表面の見栄えを良くするためにも、必要な工程です。前処理には専用の液を使います。汚れの除去が終了した後、前処理で使った液剤を水洗いで落とし「酸浸漬」の工程に入っていきます。充分に酸が製品に行き渡るよう、入れ方を工夫しながら酸槽に浸します。最後に水圧機で製品表面の酸を落とし、酸浸漬の工程が終了です。製品の状況に合わせて、乾燥させる場合もあります。全ての工程を終えた後「きちんと酸浸漬ができているか」を目視チェックする企業もあるようです。

金属表面処理は金属製品にツヤ出しやサビ防止の加工を施す処理作業を指します。特に皮膜を形成させる処理についてはサビの原因になる傷が付くのを防ぐ効果があるので、金属製品の品質を良好に保つことが可能です。